中文版  |  英文版  | 日本语

 嘉善の文化
 嘉善の名人
 嘉善の観光業
 投資ガイト

     嘉善县招商局

歴史
  地理的な位置  
嘉善県は揚水江デルタ地域の杭(杭州)嘉(嘉興)湖(湖州)平野に位置し、浙江省、江蘇省及び上海市の交互地区に位し、東径は120°44′22″から121°1′45″ぐらい、北纬は30°450′36″から31°1′12″ぐらいである。県域の平面図は『田』という字によく似っている。嘉善県は東側は上海市の青浦、金山の二区と隣接し、南側は嘉興市の秀城区、平湖市に接し、西側は嘉興市の秀洲区と境を接し、北側は江蘇省の呉江市、上海市の青浦区と隣接する。総面積は約507.68 km2で、中に陸地面積は85.71%と水域面積は14.29%を占める。地勢は南高北低で、平均の海抜は約3.67mである。政府官庁の魏塘鎮から東側は上海市に90 kmで、西側は杭州市に110 kmで、南側は乍浦港に35 kmで、北側は蘇州市に91 kmと揚水江デルタ地域の中心部に位置している。




嘉善県は長い歴史を持っており、大往圩遺跡と独圩、張安村などの文化遺跡から発掘された文物から見ると、遥かに6000余り前の馬家浜文化時代から、沼地で田植えや稲の耕作と家畜の養殖を従事した原住民たちもいる。明の宣徳(年号)4年(紀元1429年)三月、ある胡概と言う明政府の高官は江南地域を巡査し、土地は広くと租税が重いを理由で中央政府に県の増加を建議した。その後、翌年の三月二十八日から、古嘉興県北東部遷善、永安、奉賢の三つの郷と胥山、思賢、麟瑞の三つの郷の一部を総括して、嘉善県を設置された。政府官庁は魏塘に決め、行政区画は嘉興政府に従属する。その六つの郷の住民は従来人がやさしく、不良が少ないため、県の名前は嘉善に決めた。その後、清の時代と農民政府の太平天国時代(清の後半期) は地方政権を定められた。
民国元年(1912) で嘉興府を廃止され、嘉善県の行政区画は銭塘道(ある等級の政府) に従属した。1928年に『道』は廃止され、直接省政府に管轄された。1933年には、省域で12の県クラスの政府監督区を設けられ、嘉善県は第二監督区に従属した、翌年は第二区に改称された......                                        
                                                        详细内容
今日の嘉善
 

嘉善県は浙江省の北東部に位置し、上海市、江蘇省と境を接し、上海市、杭州市、蘇州市には全て100 km以内で、境内には水路、道路、鉄道が網のように縦横に走り、上海虹橋国際空港、上海浦東国際空港、萧山国際空港には車で一時間ぐらいの距離で、交通が非常に便利で、浙江省で上海市に繋がり一番目の地方である。総面積は506平方キロで、下には11の鎮即ち162の行政村からなり、戸籍人口は約38万人で、外来人口は15万人ぐらいがある。政府官庁の駐在地は魏塘鎮である。地勢は平たく、土地が肥えているし、水道は網のように多く、典型的な江南水郷である。県内には水域面積は10.8万ムーで、総面積の14%を占める。明代の宣徳五年から県を設立され、歴史上では『人が素朴で、優しく、いい所』と認められ、嘉善という名前を名付けられた。嘉善は人才がどんどん出来上がり、歴史が悠久で、文化の蓄えた土地で、5000年余りの大往圩遺跡がある。
                                                                                                                                                                  详细内容

 
版权所有.嘉善県人民政府